外資系金融機関を渡って分かった 採用されるための6つのステップ

f:id:finance_blog:20180501053502j:plain

こちらでは外資系金融機関に転職するための戦略的なアプローチを書いていきます。しかし当記事では外資系でなくとも日系の企業であっても応用をすることができます。採用も担当もしている私が、外資系金融機関を例に選考の賢いすすめ方をご紹介していきます。

 

 

そもそも転職を行うべきか

こちらの記事ではそもそも転職を行うかどうかを考えることの重要性についてお話しています。一時的な感情で会社を辞めようと思うのは簡単です。しかし会社を移るということはそれだけのリスクもあるということになります。まずはそこのリスクをしっかり把握しましょう。

www.finance-tenshoku.com

 

転職を行うのであればエージェントを利用しましょう

もし転職を行うという決断を考え始めたらエージェントに登録をしましょう。彼らは転職のプロです。会社に残るべきか移るべきかという点も含めて第三者である彼らの意見に耳を傾けてみましょう。またもし転職を行うという決断をしたということであっても、エージェントの助けというのは非常に心強いです。転職活動は1人で行うよりもプロの助けを受けた方がスムーズになります。

www.finance-tenshoku.com

またJACリクルートメントさんは日系・外資系問わず案件を非常に多く持っている転職業界のプロ中のプロです。お勧めのエージェントとして紹介だけさせていただきます。

www.finance-tenshoku.com

 

会いたいと思わせる履歴書とは

ここでは会いたいと思わせる履歴書を書くコツを5つ紹介をしています。履歴書で会いたいと思わせることができれば、あなたの転職活動を非常に有利にしてくれます。ぜひ履歴書には細心の注意を払って、あなたの魅力を伝えていきましょう。

www.finance-tenshoku.com

 

面接であなたの魅力を存分に伝える

面接はあくまでも「お互いを知る場所」という認識を持ってください。無駄に自分を卑下する必要はありません。お互いのことを理解する場として有効活用してください。面接は自信をもって臨むことが重要です。面接であなたの良さというものを十分に伝えてください。

www.finance-tenshoku.com


面接が終わったら重要なオファーミーティング

面接を無事通過したあなたを待っているのはオファー面談です。ここではあなたを採用する上での条件を提示してきます。契約とも言える部分になってきますので、必ずすべてを納得したうえでサインをしてください。妥協をしてしますと後々苦しむのは自分だということを忘れないでください。

www.finance-tenshoku.com

 

最後の関門 バックグラウンドチェック

バックグラウンドチェックとはあなたの経歴に嘘がないかを確認する最終チェックになります。基本的には問題はないかと思いますが、あまりにも採用されたい一心で、嘘を言ってしまうと、ここで足元をすくわれることになります。外資系の金融機関は、情報の正確性には非常にシビアで、意図せずとも不確実な情報を言ってしまうと、あなたの採用がなしになるケースもあります。ぜひ気を付けてください。

www.finance-tenshoku.com