外資系金融 / 採用

外資系金融機関への転職のコツ、今がチャンス!

今回は外資系金融機関への転職を考えるなら、今すぐ行動に移してほしいという話です。

どうでしょう。日系の会社さんですと、そろそろボーナスが出る時期でしょうか。

金額的には満足のいくものでしたでしょうか。

もしボーナスをもっとあげたい、お金をもっともらいたい、グローバルな環境で働いてみたい、そんな気持ちがあれば、ぜひ外資系への転職を考えてほしいです。

そして、外資系への入社を考えているのであれば、まさにいま!!行動に移してほしいと考えております。その理由をお話したいと思います。

1月から2月が、外資の退職者が増える時期

例年、1月から2月(場合によっては3月ごろまで)が一番、外資の金融機関を去る人が多いです。

理由は簡単で、この時期に給与の改定が行われ、さらにボーナスが出る時期だからです。

給与の改定が行われるということは、その給与で不満の人は退職という選択肢を取ります。

また同時に解雇が行われる時期でもあります。

言い方は厳しいですが、パフォーマンスが悪かった人はここで切られてしまいます。

更には、退職を考えている人であっても、とりあえずボーナスをもらってから辞めようという人は一定数います。

ボーナスを受け取る前に退職の意思を表明してしまうと、ボーナスを受け取る権利がなくなってしまうケースもあるからです。

これらの理由から、例年1月から3月ごろまでは人の出が多くなります。

つまり、その退職者分の補充をしないといけないため、採用ニーズが高まります。

転職したい人にとっても、今はアクションを起こしやすい時期

おそらく日系の会社さんであっても、年末は1年の振り返りをすると思います。

この1年どんなことをやったか、どんな結果を出したか、いろいろな形でまとめると思います。

そのまとめたことを自身の履歴書・職務経歴書に書いてみましょう。

遠慮は不要です。外資は盛った者勝ちの部分も多くあるのです。

転職の準備には1か月程度は必要

さて実際に転職をしようと決意をしても、やはり1か月ほどは準備期間が必要です。

具体的には、履歴書・職務経歴書の準備、転職のエージェントへの登録、面接の準備、いろいろなことを行う必要が出てきます。

つまり一番採用ニーズが出てくる1月から3月あたりでの転職を行うにあたっては、今からの準備が必要不可欠なのです。

やはり早め早めの準備が成功への秘訣となってきます。

最後になりますが、やはり外資家金融への転職は狭き門という部分もあります。

しかし一度外資系金融に入ってしまうと、他の外資系には意外と移りやすかったりします。

したがって、一番大変なのは一回目になります。

早めの準備でぜひキャリアの幅を広げてみてください。