ヘッジファンドもフル活用 ハーバードも行う最先端のエンダウメント投資とは

f:id:finance_blog:20170903215008p:plain

 
皆さん、こんにちは。
 
今回は「エンダウメント投資戦略」という本を紹介してみたいと思います。「エンダウメント投資」という言葉自体、ひょっとしたら多くの人はあまり聞きなれないかもしれない。
 
このあたりも含めて、こちらの書籍をご紹介したいと思います。
 

1. なぜこの本を手に取ったか

エンダウメント投資は、米国の財団や基金が行っている投資のことで、基本的には寄付金を募ってお金を運用するスタイルのことを言う。個人の投資スタイルを見ると結局は自己資金(もちろん多くの人は、寄付金を受け取って運用しているわけではないかと思うが。。)の運用という点では近いと思う。
 
ニュースでハーバード大学がリターンを〇%出したなどよく聞くし、個人レベルで参考になる点はないかと思って、手に取りました。ちなみにエンダウメント投資に関して、まず書籍を購入する前にざっくり知りたい人は、以下のページが分かりやすいかと思います。
 

2. 感想

感想としては、思っていたよりもかなり良かったです。
エンダウメント投資の基本は上のページにもあるように、
  1. 長期で投資する
  2. 分散投資を徹底する
  3. オルタナティブ投資を積極的に活用する
  4. 外部の優秀な運用会社を選んで個別の運用は任せる
といったところになるだろう。
 
一見難しそうではあるが、本書にあるように、「積立を行いながら、株式を中心に据えて長期投資をし、分散を図り、節税につとめる」というところは我々にとってもできそうな話である。
 
またリバランスを適度に行うことで、リスクとリターンが自分の想定から外れない(リターンの最大化に重要)という基本的なところを、こういった第一線のプロが教えてくれている所も、また安心感を与えてくれる。
 
こちらの書籍は「運用会社の方」が出版されているので、自社のファンドの紹介がある点は、「ふーん」といった形で流してもらえばいいだろう。(念のための補足ですが、こちらのGCIさんのファンドは非常に良いファンドであることは私から付け加えたい)。
 
それはさておき、分散投資もそうだが、エンダウメント投資では、ヘッジファンドといった絶対収益を目指すオルタナティブ投信の活用が不可欠だと述べられている。
 
たしかに株式への投資だけではいくら地域や時間を分散させたとしても、リーマンショックのように株式市場の暴落が来れば無力だろう。ヘッジファンドはショートポジションも活用し、うまくマーケットの流れについてき、収益をあげることを命題にしており、それが結果的にはリスクの分散につながることになる。
 
個人的にはリスク指標の所が面白かった。ファンドの優位性を見るときに一般的にはシャープレシオを見るが、それと付随してソルティノレシオを紹介している。
 
ここまで紹介している書籍はあまり知らなかったので面白かった。ちなみにソルティノレシオとは、下方リスクに対してのリターンを見る指標のことである。(これが重要なこと、また投資家にとって有益だということは本書を読んでいただければご理解いただけると思う)。
 
分散投資というと株と債券に分けて投資するというのが一番ざっくりした考え方にはなるが、本書の最後では債券がどれだけ今後分散効果を生み出すか疑問を投げかけている。
 
今のマーケットでは金利が低下(債券価格の高止まり)により、債券の値上がり余地が少なくなってきている。そんな中、ヘッジファンドというマーケットの動きに関わらず
一定のリターンを生み出す(期待のある)商品というのは、分散投資の上で今後重要な意味を持ってくるのかもしれない。