【番外編】転職エージェント、JACリクルートメントにお邪魔し感想をまとめてみた件

f:id:finance_blog:20171001112808j:plain

今回は転職時にお世話になるエージェント様、その中でも大手のJAC Recruitment様(以下JAC様)にスポットを当ててみたいと思います。JAC様は日系企業はもちろん、外資家企業、海外への転職へのサポートが強いということを売りにした転職仲介業者様になります。転職活動を始めようとするとそういった会社さんに対する評価や評判というものが非常に気になると思うので、今回は実体験を交えてまとめてみました。

 

JAC様の強みは主に以下の4点になるかと思います。

  • 豊富な転職支援実績(年間6万人もの方が転職サポートに登録)
  • グローバルネットワーク(世界100か国に渡る独自のネットワーク)
  • 高い満足度(利用者の92.9%が満足)
  • 豊富な非公開求人(独自の求人案件)

業界別・職種別のスペシャリストによる求人紹介 転職はJAC Recruitment

 

では実際に登録・面談の流れを見てみましょう。

1. JAC様にコンタクト

まずはJAC様にコンタクトをとってみましょう。そこまで急ぎで転職を考えていなくても大丈夫です。現在の転職市場がどうなっているのか、どういったスキルにニーズがあるのか、今後の自分のキャリアについての漠然とした相談、何でも大丈夫です。彼らもプロです。転職が必要と考えれば勧めてきますし、そうでなければ軽い情報交換だけで終わります。

 

しかも無料で受けられます!

 

ただ現在の就業環境というのは大きく変わってきています。かつてのように一社で定年まで働き続けるということはかなりレアなケースになってきています。大手といわれる企業であっても業績不振や、業務縮小によって、その会社で働き続けるのが難しいケースというのもあります。いくら今の会社で優秀とされる知識や経験があったとしても他社からのニーズがなければ意味がありません。そういった意味でもキャリアを見直すために一度話だけ聞いてみるのは決して悪いことではありません。

 

JAC様への無料相談はこちらから

 

2. キャリアコンサルタントと面談

JAC様にコンタクトを取った後実際にキャリアコンサルタントの方と面談。オフィスは神保町にあります。ドキドキしながら向かいました。

 

受付で名前を言い、出てきた女性コンサルタントの方が。。。

 

「キ、キレイ (''Д'') 」

 

正直どうでもいいのですが、海外で育ちましたという感じで、非常にスラっとした綺麗な人が出てきて驚きました。

 

すみません、決して不純な動機で来たわけでないのです。本当にそういうつもりではないのです。。。。

 

ただあまりにも綺麗な方だったので、まずそこで度肝を抜かれました。

 

それはさておき、すごいバリバリ感が出た見た目とは正反対に、笑顔で物腰はすごく柔らかい。(それがまたいい。。。コホンコホン。。。)

 

面談で話したこととしては以下のようなことです。

  • 現在勤めているの会社の状況
  • 自分の仕事内容やスキル
  • 転職を考えているのであればどういった条件を希望か(もし転職をすぐに希望でなければ、ここはそこまで時間を取られないようです)
  • 現在の転職市場の状況(どういった分野での求人が増えているのか、ニーズは何なのか)

3. 求人案件の紹介

この時は求人案件も実際にどんなものがあるのか見せてもらいたいというニーズがありました。その後は一度コンサルタントの方が下がり、チーム内で私の情報を共有。5分ほどで各企業を担当されているコンサルタントの方が複数いらっしゃいました。(ニヤニヤが伝わったのか今度はおじさまばかりでした。。。。orz)

 

このいろいろなコンサルタントの方が出てきたのは非常に良かったと思いました。一人のコンサルタントの方を中心に考えるのはいいのですが、その方がその企業を担当していないケースもあります。そうなると、実際に求人を行っている企業の社風や、採用担当がどういった方なのかという情報はなかなかわかりません。担当者だからこそ分かる話というのを聞くことができました

 

(その時の話では、今回採用をしている某銀行さんは、外から見ると非常に古い固い感じの企業さんのイメージでしたが、実際採用担当をされている部長さんを始めとして、すごいゆるい若い社風だという話は驚きました)

 

今回は3人のコンサルタントの方がそれぞれ担当の求人案件を持ってきてくれました。ちなみに私は転職をしたこともありますし、どういった求人がマーケットに出ているか、何となく調べてはいましたが、今回聞いたのは知らない案件ばかりでした。

 

特に日系の金融機関さんの求人というのはホームページには載せていないですし、あまり外で大っぴらに聞くことはないので、こういった職種で探しているのかというのは非常に面白かったです。また求人票には、「経験〇〇年が必要」と書いてあってもスキルによってはそこまで厳密でなかったりと、それは実際に担当者と話しているコンサルタントの方だからこその情報だなと思いました

 

最後にまた最初の美人コンサルタントの方が戻ってきてくれました。(決して嬉しかったというわけではないですよ。決して。。。)

 

最後にご挨拶をし、エレベーターまで送っていただきました。所要時間としては1時間ほどでした。

 

非常に内容としては良いものでした。

  • (美人コンサルタントの方との)丁寧な面談
  • 豊富な求人案件
  • 外資系企業、海外に目を向けた企業の紹介

その後、何度かやり取りをし、結局JAC様紹介の企業様に転職をすることができました。(案件紹介者は別のおじさまの方でした。。。)非常にきめ細やかなサービスでとても良かったので、今回はご紹介をさせていただきました! 

 ▼以下は関連記事です。

外資系金融機関に入るための流れを6段階でまとめました。ぜひご参照ください。

www.finance-tenshoku.com