「お金は寝かせて増やしなさい」 今までとは違うインデックス投資のおすすめ書籍

今回は人気ブロガーの水瀬ケンイチ氏の単著「お金は寝かせて増やしなさい」の感想をご紹介したいと思います。水瀬氏は以前に山崎元氏と「ほったらかし投資術」という書籍を書かれていますが、今回は初の単著ということで非常に楽しみにしていました。 1. な…

少しでも高い金利を確保。戦略的かつ機動的な預金商品の有効活用法。

今回は投資をしないときのお金の寝かせ方についてです。皆さん、多かれ少なかれキャッシュ(現金)のポジションというのは持っているのではないでしょうか。リスクをとっている投資比率が多めの方でも、全財産を投資につぎ込んでいる強者はなかなかいないか…

私の資産運用におけるポートフォリオの作り方

今回は私自身が行っている資産運用における資産分配の決め方や、それを運営してい来る上での注意点(ルール)をお話してみたいと思います。今回は具体的な分配比率は載せていません。あくまでもどのように考えてポートフォリオを作成しているかという点にの…

これから働き方大改革が起きる。今後の新しい働き方について妄想してみた。

まずは皆さんにこの記事を見ていただきたい。広島県福山市が兼業・副業に限定して、週一回の勤務での採用を始めたという記事だ。これを見て、あなたはどう思うでしょうか。「また話題性を狙ったな」と感じるかもしれない。でも実際は、今後の働き方の最先端…

ビジネスで必要なメンタル・忍耐力を学ぶつもりが、人生についても考えさせられた書籍

今回は、「頭に来てもアホとは戦うな!人間関係を思い通りにし、最高のパフォーマンスを実現する方法」を読んだので、感想をご紹介をしたいと思います。私の評価自体は非常に高い、極めて面白い本でした!! 1. なぜこの本を手に取ったか 2. 感想 2.1 脳は使…

【投資信託】基準価額で割高・割安が判断できるか?

今回のトピックは投資信託を購入する時に見る「基準価額」というものです。基準価額はとても分かりやすく言うと、投資信託の値段のことを指します。「基準価額│初めてでもわかりやすい用語集│SMBC日興証券」では、このように説明しています。 その投資信…

お金を働かせる。でもお金の働き先として不適切なブラック企業とは!?

現在、つみたてNISAやiDecoといった税の優遇サービスに加えて、株式市場が堅調に推移していることで、投資の分野にもスポットがあたっています。こうなってくると、よく聞くのが「お金に働いてもらおう」という言葉です。今回は、このお金を働かせるという言…

これで英語が聞き取れる!Amazonプライムで楽しく簡単にリスニング力をつける方法。

今回は英語のリスニングに関してです。「外資系金融機関を渡って分かった 採用されるための6つのステップ」というブログで、外資系金融機関に入る方法を紹介してきました。英語を使う分野でのキャリアという意味では、最高峰の1つになるかと思いますが、英…

【ステップ6】ここで落ちる? 外資系最後の関門バックグラウンドチェックとは

前回の「【ステップ5】面接を通過しても気を抜けない あなたを待っているオファー面談 」で、オファーミーティングで内定を受け雇用契約にサインをする話をしました。今回は最終回で、バックグラウンドチェックについてご紹介をします。 1. バックグラウン…

【ステップ5】面接を通過しても気を抜けない 条件交渉のオファー面談

前回「【ステップ4】面接通過間違いなしのテクニック7選」で紹介し、面接を通過したあなたを次に待っているのは、オファー面談(オファーミーティング / Offer Meeting)です。いよいよ大詰めで、気の抜けない局面になってきますので、どういったものなの…

日経平均25年ぶりの水準 今こそリバランスで適切なリスク管理を実行

Bloombergは11月7日付けで「日経平均がバブル崩壊後の高値、25年ぶり水準に-緩やか金利と好業績」と報じました。皆さん、ご存知のように日本株が強い状況が続いています。あまりにも上昇が続いているので、逆張り的にショートで入った人が結局買戻しを迫ら…

【投資初心者必見】投資信託での運用は必ずしも複利にならないところに注意

今回は投資信託に関してです。個人的には「つみたてNISA」や「iDeco」といったものが流行って、日本での投資文化が広まってくれればと思う一方で、少し気になる所もあります。 それが複利というものです。「〇%の複利で運用すると、何年後にいくら」といっ…

【ステップ4】面接が苦手?面接を通るためのテクニック7選

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。前回記事「【ステップ3】これだけは守って!「会いたい!」と思わせる『履歴書』を書く5つのポイント」では、履歴書の書き方についてご紹介しました。今回は無事書類選考をクリアーしたあなたに面接の通過…

【ステップ3】これだけは守って!「会いたい!」と思わせる『履歴書』を書く5つのポイント

今回は履歴書、職務経歴書の書き方に関してです。日系の会社ですと、履歴書と職務経歴書の両方を出してほしいと言われることが多いと思います。だが、外資系の場合一般的にはCV(Curriculum Vitae)あるいはResumeと呼ばれるものを出すように言われます。た…

【ステップ2】エージェントには必ず登録しよう。人材紹介会社を使う5つのメリット。

前回の記事「今の会社を辞めるべきか?『転職をしない方がよい理由』について考えよう。」で、転職をするということは、いろいろなものがリセットされることだという話をしました。 これは決して転職を思いとどまらせようとしているわけではなく、今まであな…

【ステップ1】今の会社を辞めるべきか?『転職をしない方がよい理由』について考えよう。

今回は転職というものの流れについて、複数回に分けてお話をしたいと思います。皆さん、今までに会社を辞めたいと思ったことはありますか?それがポジティブな理由であり、ネガティブな理由であり、多くの人はそういったことを考えたことはあるのでしょうか…

なぜ、いまだに最低賃金を気にする人が多いのだろう

今回は最低賃金に関してです。最低賃金の定義は厚生労働省のHP「最低賃金制度の概要|厚生労働省」に以下のように定義がされています。 最低賃金制度とは、最低賃金法に基づき国が賃金の最低限度を定め、使用者は、その最低賃金額以上の賃金を支払わなければ…

全ての人が必ず投資すべきものは『時間』だと思う

「全ての人が最優先に投資すべき対象とは何だろう?」ということについて考えてみたいと思います。投資対象を考えたときに、どういったものが思いつくでしょうか。株、不動産、外貨・・・・いろいろあると思います。 私が今思うものは「時間」だと思います。…

資産運用初心者にこそまず始めてほしい 『個人年金保険』のメリットとは?

今回は個人年金保険に関してです。個人型年金保険とは意外と利用されている方が少ないのですが、実はリスクが少なく(ゼロではない)、リターンの大きい商品だと考えております。資産運用を行ったことのない方もそこまで抵抗なく始められるものかと思います…

富裕層が注目する『ダイヤモンドへの投資』 そのメリットとは?

ロイターに「アングル:ダイヤモンド、投資家の新たな「金」になるか | ロイター」という記事が出ていた。記事ではこのように書いてある。 ダイヤモンドは世界で最も濃縮された富の形態と言われているが、投資家は長年、投資先としては金よりも利便性が低い…

『投資】と 『投機』の違いは結局何?資産運用では必ず『投資』を!

今回は「投資」と「投機」という言葉の意味について改めて考えてみたいと思う。私の答えは、鎌倉投信の新井氏が以前テレビに出られたときのこの発言に凝縮されていると考えている。(「鎌倉投信」より鎌倉投信のHPに飛びます) 徹底的に市場を読まない。予測…

外資系金融機関 オペレーションの仕事内容と給与

今回は外資系金融機関でのオペレーションというチームについてです。前回の記事「女性も活躍 外資系金融での階級と女性管理職の割合 」でこのようなご紹介をさせていただきました。 オペレーションという部署では、管理職の70%くらいは女性といっても過言で…

女性も活躍 外資系金融での階級と女性管理職の割合

今回は外資系金融機関での階級と女性のキャリアというものについてお話ししたいと思います。 あなたは外資系金融機関はどういったイメージをお持ちでしょうか。やはり激務でバリバリの男性が引っ張っていっているという印象をお持ちではないでしょうか。実際…

ブラックモデルの計算を文系の方にも分かりやすくイメージ重視でまとめてみた

今回はブラックモデルに関してです。ブラックモデル(ブラック76モデルとも呼ばれます)とは、ブラックショールズモデルの発展形になるのですが、コンセプト自体は非常に分かりやすく、ブラックショールズモデルの理解の助けにもなるかと思うので、今回はこ…

【番外編】転職エージェント、JACリクルートメントにお邪魔し感想をまとめてみた件

今回は転職時にお世話になるエージェント様、その中でも大手のJAC Recruitment様(以下JAC様)にスポットを当ててみたいと思います。JAC様は日系企業はもちろん、外資家企業、海外への転職へのサポートが強いということを売りにした転職仲介業者様になります…

外資系金融機関 就職/転職時には気にしたい日本での業績

過去記事で「外資系金融、給与の実態」という記事を書きましたが、それに付随して今回は外資系金融の日本でのプレゼンスというものを見てみたいと思います。 1. 日本ではどこの外資系金融のパフォーマンスが良いか 2. 今後の外資系金融による証券ビジネスと…

為替予約はこう行われる 為替ヘッジの実務であるフォワード取引の計算方法とは

過去ブログ「あなたのポートフォリオを救ってくれるかもしれない、為替ヘッジ付きの外国債券ファンドとは!? - 外資系金融で働きながら思ったことを書いていくブログ」で、為替ヘッジがついた債券(ファンド)への投資ということを提案させていただきました。…

主体的に生きていくための問い 「これは『消費』か『投資』か」

今回は「消費」と「投資」ということについて考えていきたいと思います。あなたはこの「消費」と「投資」という言葉をどのように捉えますか。「消費」というと何となくお金を使うことで、「投資」というと株とか不動産とかかな。。。 それは違います! 今回…

【外資系企業】これは怖い、できれば一度も聞きたくない言葉PIPとは

皆さん、こんばんは。 外資系企業で働いていると、たまに聞く言葉で「PIP」というものがありますが、ご存知でしょうか。今回は、できれば一度も聞きたくないこの言葉についてお話ししたいと思います。 1. PIPとは 2. PIPの流れとは 3. PIPの本当の意味とは 4…

外貨調達に使われるクロスカレンシースワップとは?

今回はクロスカレンシースワップというものを見ていきたいと思います。クロスカレンシースワップ(通貨スワップとも呼ばれています)の詳しい定義は後ほどお話をしますが、基本的には外貨を調達する手段のデリバティブの1つとお考えいただければいいかと思…